×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生命保険の仕組み

生命保険の仕組み理解するには、あなたは互助会のことを知っていますか。字で表していているよう、みんなでお互いに助け合って何かをしようとする組織です。生命保険の仕組みはまさにその互助会の精神そのもなのです。宝くじはみんなで少しずつお金を出し合って、くじに当たった人がまとまったお金を手にすることができるという意味では生命保険の仕組みと同じです。
生命保険の死亡した時や満期になったときに支払われるのが「保険金」です。死亡以外の出来事で例えば入院したり、がんと診断されたり、介護状態になったりした時に支払われるものを「給付金」と呼んでいます。生命保険の保険契約は保険金が支払われる時で終りになります。保険契約の給付金は、契約期間中に一度、もしくは何度でも支払いを受けることが出来ます。

医療保険は入るものと決めつけない

生命保険への加入すべきか否かについて疑問をもって欲しいと思うことがあります、最近特に思うことですが、あまりにもテレビや新聞で生命保険の広告を多く見かけるからです。
池の中の蛙のように、ごく一面だけを見て判断しようとしている、あなたの保険選びはあたかもそういう状態ではないでしょうか。例えばテレビCMなどで流されるている医療保険も、買うべきか止めるべきかどうか、他にもっと良い商品はないかと考えたりしていませんか。それは、もう医療保険は買うものだ決め付けているからです。まずは、外から池の中を見てください、医療保険は必要かどうか、またどういう医療保険が必要なのかを見極めた上で、今度は自分にあった医療保険を探してみることが大切だと思います。
夕方6時台のテレビ番組を観ていると、何と保険の宣伝の多いこと。

入らなければならない保険とそうでない保険

保険に加入するということは今の生活を削ってまでするわけですから、当然のこととして慎重でかつ合理的に保険選びをしなくてはなりません。テレビCMを見て良さそうだからとか、外務員に勧められたからとかというだけで加入しないでください。
では、加入しなければならない保険と、そうでない保険はどこで区別すればいいのでしょうか。加入しなければならない保険というのは、あなたやあなたの家族にとって本当に必要な保険のことです。必要な保険とは、保険金などがたくさんもらえればいいというものではなくて、生活を切り詰めてまで入る訳ですから、必要最小限の保障を確保できれば良いのです。あなたはそのことを脳裏に納めてください。そして、どうすれば必要最小限の保障を確保すれば良いのかを理解していますか。
保険料は、あなたが払うのですから。